スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【今も続く悲劇】自爆テロ実行者の6割は身体障害者

アズモフです。

イラク、ナイジェリア、アフガニスタンとイスラム世界では自爆テロが今でも続いています。

自爆テロ

しかし、その自爆テロの実行者の6割が身体障害者であることはあまり知られていません。
よく、テロに走るような人間は、「信仰心が篤く過激思想を持っている人物」であると分析されていますが、
それではなぜ過激思想を持つようになったかはあまり言及されません。

自爆テロを行う人間が過激思想を持っていると過程して、
その人間の6割が身体障害者であることを鑑みると、自然に導かれる答えは、彼らは戦争被害者であるということです。

元から障害を持っていたのではなく、アメリカを中心にした西側諸国の空爆や、アメリカによって引き起こされた戦乱の被害にあい、身体障害者になってしまった人間が西側諸国を恨み過激思想を持って、自爆テロの実行者になっているのです。

イスラム教では、ジハード(アメリカを中心としたキリスト教国やユダヤ教であるイスラエルに対する戦い)に殉じた者は、戦死後必ず天国に行けるとされており、さらに男性の場合は天国で72人の処女とセックスができるとされているのですが、
この教えだけによって自爆テロに志願する人が後を絶たないのではありません。

自爆テロ実行者に対して報奨金をテロ組織は出しており、また、テロ実行者の名誉と残された家族の生活を保証されるのです。

仕事ができなくなってしまい経済的に困窮した身体障害者は、お金といった現実的な問題で自爆テロ志願者になっているのです。

戦乱による負傷、そして貧困、自爆テロを選び、社会は混迷を続ける・・・・・・

急激に勢力を増しているイスラーム国ですが、、爆弾テロを続ける彼らには、イスラム世界に平和をもたらす力はあるのでしょうか。


スポンサーサイト

鎖国すべき【中央アフリカの戦闘は宗教紛争か、深層に民族対立 悪政 嫉妬】陰謀論

どーも、わーナビーです。
皆様、鎖国ってどう思われるでしょうか?
停滞でしょうか。弱体化でしょうか。
結構、ネガティブなイメージを持たれているかもしれません。

今回の記事は『人道主義』という観点とは、間逆ですので、
人道主義至上主義の方はご注意申し上げます。

またわーナビーの妄想記事ですので、真偽のほどは藪のなかでございます。

こちらはアフリカの武装組織です。
セレカ
このままコケて自害してしまわないか、心配になります。

中央アフリカの戦闘は宗教紛争か、深層に民族対立 悪政 嫉妬
7月29日 AFP】中央アフリカで起きた血みどろの紛争は、アフリカ大陸各地で宗教間の対立が起きていることを反映して、イスラム教徒とキリスト教徒の戦いだと捉えられがちだ。

 しかし専門家たちは、この紛争の真の原因は、民族や階級間の闘争、そして腐敗した政治のせいだと分析する。チャドやスーダンから移住してきて成功を収めたイスラム教徒の貿易商たちへの嫉妬、パワーポリティクス、さらには中央アフリカが奴隷貿易の主要な中継地点だった頃から続く緊張が、すべて絡み合って現在の紛争につながっていると専門家たちは指摘する。
(中略)
回の紛争は2013年3月、主にイスラム教徒からなる武装勢力連合「セレカ(Seleka)」が首都バンギ(Bangui)を制圧し、フランソワ・ボジゼ(Francois Bozize)大統領(当時)を失脚させたことが始まりだ。これに対し、キリスト教徒を中心としたボジゼ氏支持派の「反バラカ(anti-balaka)」と呼ばれる民兵組織が台頭し、イスラム教徒に復讐。以降、双方が虐殺、レイプ、略奪と血みどろの報復合戦を繰り広げた。
(中略)
しかしセレカ、反バラカのいずれも、お守りや魔除けを使うなど精霊信仰が強く、専門家たちはお互いの憎悪は宗教ではなくもっと何か深いものに根差していると考えている。
(中略)
中央アフリカにはダイヤモンドや金など天然資源があるが、長年の失政によって国の発展は遅れたままだ。そんななか、主にチャドやスーダンからのイスラム教徒の貿易商たちがダイヤモンド採掘の拠点や陸運業を支配し、中央アフリカの他の国民よりも豊かな暮らしをしてきた。

 彼らの成功は、首都バンギに最後に残ったイスラム教徒の居住区「PK-5」を見れば明らかだ。この商業地域にイスラム教徒たちは大きな店を所有しているが、小作農たちはここの通りでキャッサバやサツマイモを売るためにやってくる。

 現地人とのこのような社会経済的な格差は、西アフリカではレバノン系住民との間で、東アフリカではインド系住民との間で見られる。このような格差が生み出した嫉妬心が、社会の秩序が失われた時に暴力という形で噴出するのだ。



中央アフリカは世界のなかでも、もっとも争いの絶えない地域の一つです。
常に民族間闘争がおき、血みどろの殺戮を繰り広げております。

なぜ闘争が起きているのか?

ことの発端は、イギリスを代表とする侵略者が、
アフリカの歴史や文化や風土をまったく省みず、国土を分割したところにあります。

要するにヨーロッパが諸悪の根源です。

ローズ
この画像は、アフリカのナポレオンとも言われたセシル・ローズですね。

こちらのアフリカの地図を見ていただくとわかりやすいのですが、
map00.gif
アフリカの大地が比較的、等分されており、場所によっては物差しで引いたようなきれいな線になっています。

それもそのはず、ヨーロッパ列強がアフリカを分割したとき、
リアルに地図にものさしで線を引いて、自分の支配地を決めていったため、
このようなきれいな分割状態になっているわけです。

南アフリカ大陸の地図を比較すると一目瞭然です。
南アフリカ
本当なら強い国(この場合であれば、ブラジル)が多くの土地と資源を手に入れ、
それを基に発展していくわけです。

ユーラシア大陸では、中国やロシアが国土的な大きさで言えば、覇者に当たりますし、
インド大陸では、もちろんインドが巨大な国家となっています。

その当然性がアフリカでは成り立ちません。

もちろん、白人が攻め込んできたときから、そんな国家はなかったという意見もあるかと思いますが、
本来であれば、外圧に対抗するために、団結したり、周囲を併呑したりする活動が必要になり、
巨大な侵略国家ができてもおかしくないはずです。

アフリカでもっともグローバル化に適応しているナイジェリア人あたりが、
ロシア並みにでかくなってもいいころです。

アフリカで搾取を続ける企業を国有化し、その技術を奪い、自国の資源を自国に還元する動きが起きてもいいはずです。

なぜ起きないのか?

一つは、内戦において、いい感じに双方に武器を輸出して儲けている人たちがいるからだと思います。
内戦が続く限り、儲かるのですから、辞められません。

頭(軍事顧問)、便利な道具(平気)は、海外から持ってこれますので、
アフリカは殺しあうだけで、戦争が継続できてしまいます。

本来であれば、富国強兵を推し進め、国民を優秀にし、食料備蓄を整えるほうが勝つため、
次第と文明は進化していくものなのですが、
アフリカの場合は少年兵の増加などに象徴されるように、どんどん馬鹿が増やされてしまっています。
どこまでも救いがありません。

もう一つは、平和という名のもとに、アフリカの自由意志を押さえつけている人たちがいるからです。
アフリカの権力の枠組みというのは、列強によってぐちゃぐちゃにされました。
平和というのは、それをそのままにしておけという強制の部分にもなります。

また、暴言かもしれませんが、人道支援というものも、アフリカの闘争状態を継続させています。
UNICEFの写真みたいな子供ばかり、大人も同じようなのばかりであれば、戦争なんてできません。

どこかで収支決算が負に傾きすぎて、バランスが取れるときがくるはずです。

人道支援というものが、闘争の余裕というものを生み出してしまっているのではないでしょうか。

結局、アフリカ人を救うのはアフリカ人だけなのです。
大体、日本を含む先進国は、アフリカが貧しいほうが、利益の吸い上げを行えるので、
利点がありますので、頼ってはいけないのです。

わーナビー個人としては、アフリカは鎖国し、自国国内の文化やバランスを回復したほうがいいと思います。

ただそんなことは絶対に起こらないので、また世界のバランスが変わらない限り、
アフリカは貧しく、危険でありつづけるのではないかと思います。

身近にある危険【米で次々発覚、危険物のずさんな管理】取り扱い注意

こんにちは、わーナビーです。
世の中には知らないだけで、色々な危険物があります。

アメリカでこんなニュースがありました。

米で次々発覚、危険物のずさんな管理
このところ、パニック映画を地で行くようなニュースが立て続けに報じられている。先日、米国メリーランド州ベセスダにあるアメリカ国立衛生研究所(NIH)の旧貯蔵室で、天然痘ウイルスの生きたサンプルが放置されていた事実が発覚。さらに同じ部屋で、デング熱やインフルエンザ、紅斑熱など各種感染性病原体入りの薬瓶327本が詰められた12個の箱が発見された。
 一方、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は6月、適切な安全設備を欠いた環境下で、同センター所属の研究者75人が活性化した炭疽菌に誤って接触した可能性があることを発表。さらに先週には、危険性の高いサンプルを職員が不適切に扱った事例が過去10年間に少なくとも4件あったことを明らかにした。病原菌を食品保存用のビニール袋に入れて輸送したケースや、鳥インフルエンザウイルスの生きたサンプルを安全管理体制の不備な施設へ運び入れたケースなどがあったという。


http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20140722006
天然痘は根絶された伝染病ですが、こんなことでまた伝染が始まったら大変ですね。
危険なものの管理が甘くなればなるほど、悪用する人が出たり、悪影響を及ぼしたりする可能性が高まります。

原発が臨界すると非常に恐ろしいということは、今現在も分からせ続けられているとことかと思いますが、
今回はより身近にある危険を問いあげていきます。

・ガスタンク
ガスタンク

東日本大震災の際には、コスモ石油の市原の製油所で、LNG(液化天然ガス)のタンクが爆発した際は、
火炎の高さは、600mにおよび、破片は6km先まで達しました。
コスモ石油の液化天然ガスのタンクは巨大ですので、正確には比べられないのですが、
近くのガスタンクは爆弾に様変わりする可能性があります。

『ガスタンクマップ』という面白いサイトがありましたので、近くにないか見てみると興味深いかもしれません。

・石油タンク
石油タンク
大物は、コンビナートなどの湾岸部にしかないかもしれませんが、
近くに自家発電の設備を備えた建設物はありませんでしょうか。
発電には石油を使っている場合がほとんどですので、老朽化しだいでは、
恐ろしい危険が潜んでいるかもしれません。

・閉鎖したガソリンスタンド
ガソリンの高騰と、車の低燃費化、そして施設の老朽化による設備更新に耐え切れなくなったりと、
廃業してしまうガソリンスタンドはあとを絶ちません。
弊店 ガソリンスタンド
ガソリンスタンドのタンクは地中深くに埋められておりますが、
資金繰りが厳しくなって廃業するガソリンスタンドには、地下タンクにガソリンが残ったまま、
廃業し、そのまま放っておいてしまう例も多くあります。
気化したガソリンが、なにかの拍子に爆発する。そんなときがくるかもしれません。

・近くの化学メーカー
意外と抜け落ちているかと思いますが、
化学メーカーの生産・保管している化学物質においても、
危険性の高い物質はたくさんあります。

毒劇物
化学メーカーの起こした重大事故としては、ユニオンカーバイド・インディアが引き起こした
インド ボーパールでの流出事故が有名です。
この事件は、ユニバーサルカーバイド・インディアがハンドリング上のミスから、
猛毒のイソシアン酸メチルを大量に流出してしまったことから引き起こされます。
深夜に発生したため、住民が気づかないまま死んだことも数を増やしましたが、
最終的には15000人~25000人もの人が亡くなったといわれております。

実はこれ、あまり他人事ではありません。
日本の化学メーカーは高度経済成長期やバブルの時期に設備を作ったところが多いので、
かなり設備が老朽化しています。
その上、東日本大震災のような巨大な地震が起きれば、
平常時は十分な安全性をとりつつ運営できていたとしても、
流出を防ぐことはできないかもしれません。

毒物劇物は国立医薬品食品衛生研究所 http://www.nihs.go.jp/law/dokugeki/dokugeki.htmlに詳しいので、
ご興味があれば覗いてみてください。

危ない地帯としては、いわゆる上流といわれる化学メーカーがある場所になります。
特に、川崎、水島、鹿島、新居浜、新潟、千葉茂原、黒崎、四日市あたりは、大きな化学メーカーもありますし、
毒物だったり、爆発物だったりと色々ありますが、
いざ天災が起きた際に、もし流出すればヤバイものを持っているかと思います。
わーナビーも勉強不足ですので、中途半端ですが、もしお近くに化学メーカーがあるようでしたら、
そこで何を作っているのかを勉強してみてもいいかもしれません。

地震や津波の際のハザードマップは近年整えられてきておりますが、
2次災害が起きたときにどうするのか、その際のハザードマップはどうするのか、
どうやって対処するのかなどについては、まだまとめられていないかと思います。

自分の身を守れるのは自分だけ、そんなお話でした。

ブラック【ワタミ前会長 ふざけるなと発言】ブーメラン

こんばんは、わーナビーです。
むちゃくちゃ働いている人は、日本津々浦々、たくさんいらっしゃると思います。
月火水木木金金というように働かれている方も多いのではないでしょうか。

ブラック企業とはなんでしょうか。なにがブラック企業とそれ以外を分けるのでしょうか。
渡邉美樹
い~い笑顔です。


 ワタミは14年3月期の最終損益で49億円の赤字に転落した。既存店の来客数低下により、10年ぶりに売上高が下がったことが主な原因だ(7%減)。居酒屋など外食部門全体の営業利益は19億円の赤字に転落した(前期は30億円の黒字)。
 企業イメージが悪化するにつれ、客数は減少の一途をたどっていた。また、今年4月に入社した新卒社員は120人と、目標の半分にとどまるなどして、正社員やアルバイトの確保が難しくなっているため、15年3月期に全店舗の約1割、60店舗を閉鎖する事態となった。
「赤字転落の原因は、ブラック企業と見なされたから」とのメディアの論評が、よほど不満だったのだろう。渡邉氏は講演で、客離れの原因について「マーケットの変化によるものだ。みんな酒を飲まなくなった。週3日以上酒を飲む人が10年前は男性で35%、女性で15%いたが、今ではそれぞれ15%、8%だ」と主張した。チェーン店であることが強みではなくなったことも挙げた。
 さらに「今は外食がダメで介護と宅食を主力に据えているが、今年は介護も宅食も伸びなかった。予想より5%低かった。これは風評被害だ」と、怒りをにじませた。
 女性社員の自殺については「一生の不覚。生涯の十字架だ」と反省の弁を述べつつも、「ブラック批判に対しては、ふざけるなという思いだ」と強気の姿勢は崩さなかった。
 低姿勢の経営陣とは対照的に渡邉氏の冗舌が際立った講演会で、総会はまるで渡邉氏の講演の前座のようだった。


http://biz-journal.jp/2014/07/post_5450.html

ブラック批判は風評被害というお話ですが、
ワタミは全力でブラックであり続けて欲しいものです。

いい感じでワタミ=ブラックという雰囲気というブランドイメージがついておりますので、
今更、ブラックイメージの払拭をするのではなく、スーパーブラック特区として、
社会に黒い風を吹かせてほしいものです。

【オウム真理教の今】反原発に乗っかったアレフ

アズモフです。

以前から反原発運動や放射能を無知に異常に恐れるのはどこか宗教と親和性が高いと感じていましたが、
やはりでした。

反原発
反原発教の方々。いつの時代も宗教戦争は起こるものです。

日本が産んだ稀代のカルトテロ組織であるオウム真理教は現在解体となってアーレフという組織が正当な後継組織となっているのですが、彼らは東日本大震災以降徐々に信者数を増やしているという情報を聞き、原因を探ってみました。
ちなみに現在アーレフという名前を変えて「Aleph(アレフ)」と彼らは名乗っています。
(アーレフの代表であった上祐氏が脱退して、さらに「ひかりの輪」という組織を作りましたがそちらは一応オウム真理教とは違うと宣伝しています。)

以下、アーレフのHPから引用した放射脳の人々を取り込む文章の一部を抜粋します。

ヴァジラハーサ師: 放射線への対応策としては、二つの切り口があります。
  一つは、放射線による健康被害を未然に防ぐという側面で、もう一つは、放射線による健康被害が既に生じてしまった場合の対応策です。
  そして、このいずれの場合においても、修行は大変効果的であることを、以下、お話ししたいと思います。


●健康被害を未然に防ぐ――ヴィヤーナ気の強化

 まず一点目の、放射線による健康被害を未然に防ぐということですけれども、これについては、身体のヴィヤーナ気を強めることによって対応できると思います。
  ヴィヤーナ気というのは、わたしたちの体全体を覆っているエネルギーのことで、肉体を守る働きをしています。一般には「オーラ」と呼ばれているものですね。
  ですから、このヴィヤーナ気を強めることができれば、わたしたちの肉体が放射線から守られる可能性は高まる、ということが言えると思います。

  このヴィヤーナ気を強める修行としては、肉体を使った行法全般があります。
  例えば、アーサナ(体位法)やウインド・トレーニング(独自の気功法)、あるいは、ムドラー(霊的覚醒の技法)などの修行がそれに当たりますので、それらをしっかりと行なうことによって、十分な備えができるということです。



この文章はこのあと長々と具体的な修行方法と、その効能によって放射能障害が治るという話が続くのですが、まったく読む価値がないので割愛します。
というか、日本語の体裁をなした宇宙語放射能語か?で書かれているので普通の人は読んでも分かりません。


修行によって放射能に勝つる体を作れると語るヴァジラハーサさん。

しかし、このAleph(アレフ)侮ってはいけません。
大震災前には1000人だった信者数を、放射能の危険性が騒がれだしてから大きく伸ばしているというのだ。
新興宗教にはまる人の多くが「目に見えない不安に恐怖を覚え、すがりつきたくなる見えるものに救いを求む」心理状態であるが、
今回、過剰に異常に原発の放射能を恐れる人間の波長とAlephのマーケティングがマッチしたのだろう。
反原発の人間がAlephの信者になる余地があることを考えると、Alephがもう一回国家転覆を企む組織に成長する可能性もなくはない。
反原発教とAlephが結びつくことほど恐ろしいものはないだろう。
なんせカルト山本議員を生んだ集団と元日本代表テロ組織が結びつくのである。

Alephの時流に乗る力恐るべし・・・
しかし、そのAlephの一番の被害者は「びっくりドンキー」さんです。

びっくりドンキーのハンバーグおいしいですよね。

びっくりドンキーの会社名は、、、
株式会社アレフ
風評被害にあわれないことを祈っています。



プロフィール

oretatinanamemi

Author:oretatinanamemi
わーナビー、アズモフ、ゴーレムの負け組高等遊民がこのブログを作っています。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
1685位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
685位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。