スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本はアラブ並に暑い?

アズモフです。

ここのところ全国各地で高温注意報が発令されていますが、
まったく暑すぎです。
都市部ではコンクリートやアスファルトに照り返しで体感温度はとんでもないことになっています。
それでも多くの人がスーツスタイルで革靴履いて仕事をしなければならないのは、
我慢大会を通りこして、ドMの饗宴です。

8月5日本日も全国各地で35度を超えたわけですが、
世界の都市と比較した場合どうなのでしょうか?

東南アジア気温

8月5日の東京は、最高気温は36度、最低気温は28度だったのですが、
同日の東南アジアの各都市の気温と比較してどの都市よりも暑いという結果でした。

それでは世界のどの都市と東京の気温は近いのでしょうか?


なんと砂漠地帯に東京に近い都市がありました。
それはエジプトの首都、カイロです。

カイロ
ナイル川に沿って美しい街並みが続いています。

カイロは砂漠の都市のイメージが強く、暑いイメージがありますが、7月8月の平均気温は東京とそう変わりません。

カイロが涼しいわけではありません。東京が暑すぎるのです!

ついに東南アジアを超えて、アラブ地域のカイロ並に暑くなってしまった東京。

打ち水しても何をしても焼け石に水なので、
せめて夏場くらいは革靴スーツスタイルをやめて、浴衣に下駄スタイルで働きたいものです。



関連記事
スポンサーサイト

【今も続く悲劇】自爆テロ実行者の6割は身体障害者

アズモフです。

イラク、ナイジェリア、アフガニスタンとイスラム世界では自爆テロが今でも続いています。

自爆テロ

しかし、その自爆テロの実行者の6割が身体障害者であることはあまり知られていません。
よく、テロに走るような人間は、「信仰心が篤く過激思想を持っている人物」であると分析されていますが、
それではなぜ過激思想を持つようになったかはあまり言及されません。

自爆テロを行う人間が過激思想を持っていると過程して、
その人間の6割が身体障害者であることを鑑みると、自然に導かれる答えは、彼らは戦争被害者であるということです。

元から障害を持っていたのではなく、アメリカを中心にした西側諸国の空爆や、アメリカによって引き起こされた戦乱の被害にあい、身体障害者になってしまった人間が西側諸国を恨み過激思想を持って、自爆テロの実行者になっているのです。

イスラム教では、ジハード(アメリカを中心としたキリスト教国やユダヤ教であるイスラエルに対する戦い)に殉じた者は、戦死後必ず天国に行けるとされており、さらに男性の場合は天国で72人の処女とセックスができるとされているのですが、
この教えだけによって自爆テロに志願する人が後を絶たないのではありません。

自爆テロ実行者に対して報奨金をテロ組織は出しており、また、テロ実行者の名誉と残された家族の生活を保証されるのです。

仕事ができなくなってしまい経済的に困窮した身体障害者は、お金といった現実的な問題で自爆テロ志願者になっているのです。

戦乱による負傷、そして貧困、自爆テロを選び、社会は混迷を続ける・・・・・・

急激に勢力を増しているイスラーム国ですが、、爆弾テロを続ける彼らには、イスラム世界に平和をもたらす力はあるのでしょうか。


関連記事

続報【エボラ出血熱】アメリカへ進出

どーも、わーナビーです。
先日、エボラ出血熱の記事をあげましたが、
滅亡の日 「西アフリカで流行続く、エボラ出血熱」感染拡大
まだその勢いは収まりません。
今回は続編としてエボラの話しようと思います。

アメリカ

致命的なエボラウイルス、米国上陸、交流サイトで大恐慌
米現地時間2日午前、西アフリカのリベリアでエボラ出血熱に感染したアメリカ人男性ケント・ブラントリー医師がチャーター機で帰国したことについて、AFP通信は「致命的なエボラウイルスは今日、アメリカ本土に上陸」と伝えた。

アメリカ当局は、エボラ対応に自信をもつよう国民に呼びかけているが、致命的で伝染性の高いエボラウイルスは、アメリカの交流サイトで「エボラ大恐慌」を引き起こしている。

「アトランタから私のところまで、6時間の距離しかない。少なくともエボラ感染者2人がそこにいる。さて、私からエボラまでの距離がどれぐらいあるか」などとの書き込みがアメリカの交流サイトでいっぱいだ。エボラ感染者2人の帰国に対するアメリカ政府の容認は、エボラウイルスが全米で流行するきっかけになるという不安が高まっている。米CNNによると、ハリウッドの「アウトブレイク」という映画のシーンがアメリカで再現されることに不安を抱く書き込みは多い。「アウトブレイク」は、1970年代を舞台に、アフリカ奥地ですさまじい伝染力と死亡率をもつ未知の伝染病の脅威と、それに立ち向かう人々の姿を描いたパニック・サスペンス。報道によると、エボラ感染者2人の帰国に抵抗感をもつ国民は多い。「エボラ感染者の治療に当たる人々を尊敬しているが、アメリカに姿を現すことを見たくない」という書き込みも、「アフリカでのエボラの流行にさじを投げた以上、アメリカで流行する可能性はないか」との書き込みもある。

オバマ大統領は、エボラウイルスについて「厳戒の防犯措置をとり」、代表団のメンバーに対し「さらに検査する」と表明した。エボラがアウトブレイクを起こしているリベリアなどアフリカ3カ国は、国境に跨る隔離地帯の設置を認めた。

ロンドンからモスクワまで、エボラの水際作戦に全力を尽くす国家は多くなっている。


http://www.xinhuaxia.jp/social/42687

ついにエボラ出血熱がアメリカに上陸しましたね。
ただエボラ出血熱は空気感染はしないはずの病気ですので、このようにはっきりとした形での
上陸であれば隔離も確実ですので、大きな問題はないように思います。

ただ特に怖いのは、潜伏期間が2日から21日間と長いことと、
飛沫感染としては恐ろしく感染力が高いことです。
ウイルスが数個身体に入るだけで感染の危険性がでてきますので、しっかりうつります。

エボラ出血熱では医療関係者の感染が多く、
・アフリカという不十分な環境
・血が噴出す患者(病原菌の塊)
・ちょっとでも身体に入り込めば感染

という生物に感染した後のTウイルス的な状況になっています。

日本とアフリカもたくさんの人が行き来しておりますので、
水際での防疫がうまくいかなければ日本でも感染が発生する可能性があるかもしれません。

わーナビーとして、人口密集地帯でもっとも危険性を抱えているのは、中国ではないかと思います。
少し前にも香港でエボラに感染した可能性のある患者が出たとして話題になりました。
それはエボラではなかったとして騒ぎは収まりましたが、それ以外にも問題があります。

中国はアフリカへの最大の移民送り出し国であります。
無論、定住するべく、根性をすえている人もいるとは思いますが、
81万人以上もいらっしゃるとのことですので、
これ以上の混乱が起きた際に、中国にエボラにかかったまま帰還し、
下水などがしっかりできていないため、それを通じてたくさんの人々に感染などという可能性もあるかと思います。

ここからどうなっていくのか?
人口密集地に勢力を進出したエボラをとめられるものは、もういないのかもしれません。
関連記事

超激辛大会【Chilli Eating Competition】

アズモフです。

いやーやっぱりアメリカは凄い!
これは、数ある大会の中でも最もエクストリームな大会の一つでしょう。

その大会の名前は、

「Chilli Eating Competition」

Chilli eating competition


ルールは簡単。
出場者は観客に向かって横並びに座って、運営側から唐辛子(ペッパー)を渡されます。
そのペッパーをカウントダウンと同時に食べるだけ。
ラウンドが進むごとにどんどん辛い唐辛子になってきます。
食べれなかったり、「もうこれ以上辛いペッパーは無理!」ってなったららリタイアとなって、
どんどん辛くなっていくペッパーを食べ続けて、最後まで残った出場者が優勝。

非常にシンプルで、そして過酷なルールです。



この大会、
最初のラウンドは3000~5000スコビルの唐辛子とタバスコと同じくらいの辛さなので、
出場者も笑顔で食べていますが、5ラウンド目(5個目の唐辛子)では10倍の30000~50000スコビルの唐辛子になり、
ここらへんから脱落者が出てきます。

12ラウンドにはなんと140万スコビルのゴーストペッパーと呼ばれる唐辛子ができます。

ちなみに、最も強力な催涙スプレーが18万スコビルなので、この唐辛子の威力の凄まじさが分かります。

人間あまりに辛いものを食べるとショック死することもあります。
この大会参加者は相当鍛えられているのでしょう。
(気合いだけで出場してしまったとしたら、翌朝トイレで殺されていいるのかもしれませんが。)

この大会は私の中で食べる系大会では、暫定1位の危険な大会と位置づけられました。



関連記事

恐怖の借金取立人【米判事、交渉継続求める アルゼンチン債務返済問題 】アメリカ

こんにちは、わーナビーです。

北朝鮮のようにフリーダムな経済をまわしている国もあれば、
グローバル経済のなかで振り回され、一度破産させられて、
やっと持ち直してきたこれから頑張ろう!というときに、残りの借金を取り立てられて、
破産寸前という国があります。

サッカーではがんばりました。アルゼンチンです。
アルゼンチン

[FT]アルゼンチンの終わりなき債務問題(社説)  
債務不履行(デフォルト)に陥った国債の全額返済を要求する一部の米ヘッジファンドとアルゼンチンとの12年にわたる論争は歴史上、最も無益な債務再編になることが明らかになりつつある。

 過去数年間、ニューヨークの裁判所で展開された不快な法廷闘争で、アルゼンチンが2001年に950億ドル(約9兆7800億円)相当のデフォルトに陥った後、後始末を可能にした債務再編が徹底的に調査された。米裁判所は、国債保有者に同等の扱いを保証するいわゆる「パリパス条項」の厳格な定義に基づき、アルゼンチンが米ヘッジファンドに全額返済しない限り、保有者に債務再編した国債の利払いをすることを違法と判断した。

 この長年解決されなかった論争は、今週になって悲惨な山場を迎えた。ヘッジファンドからの要求に屈したくはないが、そうすれば再編された現在の国債を維持できなくなるため、アルゼンチンは米国の法のもとでの利払い続行を断念した。

 どちらの側も道徳的に優位な立場にいると主張することはできない。ヘッジファンドの主要な言い分は、アルゼンチンが、2回の債務再編において1ドル当たり25セントの価値になる容赦ない返済額の削減を無理やり債権者に受け入れさせたことだ。しかし、経済成長に連動する保証が加味されると、実際には債務返済額はさらに高くなっている。

 システミックリスクの懸念の高まりから、ヘッジファンド側の言い分に味方する法的主張は、その他の債権者が将来の国債の債務再編を阻止しやすくなる状況を導いている。これまでのアルゼンチンの行為がどんなに問題が多いとしても、これは好ましくない可能性だ。


http://www.nikkei.com/article/DGXMZO75088990R00C14A8000000/?n_cid=DSTPCS013

この記事を書くにあたってwikipedia先生を眺めていましたが、
アルゼンチンという国はなかなか世界に振り回されている様子です。

アルゼンチンはもともとスペイン人の植民地として生まれ、
昔のアメリカ合衆国と同じように、植民地が力を持ち始め、攻め込んできたイギリス人を打ち倒し、
スペインからも独立を果たします。

宿敵ブラジルと戦争したり、ちゃちゃをいれてきたイギリスと争ったりしながらも、
民主化を成功させ、政治的にも安定していきます。
そして発展し、1929年ごろには世界で5位の豊かさを持つという指折りの先進国になったわけです。

ただそこで世界恐慌に巻き込まれてぼろぼろになります。

政治的に乱れが生じ、クーデターを繰り返し、社会主義国家になったり、イギリスと争ったりしますが、
最終的に自由主義国家になります。

そしてすぐにデフォルト(破産)します。
まるで破産するためだけに自由主義(資本主義)国家になったかのようです。

そして破産した際に発生した債券を利用されて、
アルゼンチンはまた破産の危機を迎えております。
いじめられすぎです。

わーナビーはアルゼンチンがたどった歴史について詳しくないのですが、
正直、騙されていらっしゃるではないですか?と心配になります。

今回の案件では、アメリカのヘッジファンドが、デフォルト時のアルゼンチン国債を買い叩いて、国債を集めました。
アメリカの州の法律に従うと、減額での支払いに合意していたはずの借金を、
満額での支払いにしなければいけないようです。
なんという錬金術でしょうか。

立て役者はこの人です。
ポール・シンガー
一人の人間の欲望が、一つの国をぐしゃぐしゃにしようとしています。
恐ろしく頭が切れる人なんでしょう。そのうち企業同盟で国家を樹立しそうです。

人種がどうのとは申しませんし、優秀・聡明な方が多いのも知っておりますが、
そちらの才能を数学や物理学などに使っていただき、虚構のビジネスではなく、実業の発展のほうに
その才能をまわしてもらいたいところです。

そうすればもう少し世界がやさしくなるかもしれません。



関連記事

爆破のメッカ【中国・江蘇省で爆発 65人以上が死亡、100人以上負傷 】中国

どーも。わーナビーです。
昨日、台湾でガスのパイプラインが爆発したというニュースを取り上げたばかりですが、
いやいや甘い、爆発とはこうするのよ!!!的な感じで、中国で爆発がありました。

台湾で事故が起きると、大変な事故が起きてしまった、これはヤバイというような印象を受けますが、
中国が爆発すると通常運転のような気がしてしまいます。
かなり毒されている気がします。わーナビーの頭は大丈夫なのでしょうか。

k1.jpg
この画像は結構ショッキングなものですので、あまり見つめないほうがいいかと思います。

中国・江蘇省で爆発 65人以上が死亡、100人以上負傷
上海=土居倫之】中国の江蘇省昆山市の金属製品工場で2日午前、大規模な爆発があった。現地メディアによると、少なくとも65人が死亡し、100人以上が負傷したもようだ。爆発したのは中国系の自動車部品会社「中栄金属製品」の自動車用アルミホイールの生産ラインで、死傷者は今後増える可能性がある。

 生産過程でアルミニウムの粉じんが飛散し、爆発を起こしたもようだ。同社は主に米ゼネラル・モーターズ向けにアルミホイールを生産していた。

 現地メディアは全身をやけどした負傷者が担架上で応急措置を受けている様子を報道。負傷者は昆山市内の病院に移送されている。昆山は日系企業も多数進出しているが、爆発に日本人が巻き込まれたかどうかは明らかになっていない。


http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG02012_S4A800C1CC0000/
今回の爆発は、アルミニウムなどを研磨したときにできた金属の微粉に火がついて爆発する
粉塵爆発だった様子です。

こういう金属の粉末は非常にやっかいで、身体につくとなかなか取れませんし、
吸い込むとアスベストのように肺をだめにします。
その上、火がつくと猛烈に反応して、大爆発を起こします。

中国の企業はそのすべてがとはいいませんが、人件費やそうした危険の対策などを軽視した結果、
安い価格でものを作れるようになっています。
こういう事件が起きると人は死にますし、GMの車のラインは止まりますし、規制は厳しくなりますので、
どんどん状況は厳しくなってきます。

中国が爆発から逃れられるようになるのは、いつになるのでしょうか?
興味深い限りです。
関連記事

驚愕【北朝鮮、新紙幣を発行 旧紙幣は失効】徳政令

どーも、わーナビーです。
北朝鮮という国はやることが豪快です。
グローバリズムに飲み込まれていない経済はやりたい放題のようです。


北朝鮮、新紙幣を発行 個人貯蓄を狙い撃ちか
【8月1日 AFP】韓国の国家情報院(National Intelligence Service、NIS)によると、北朝鮮が7月30日から新紙幣の発行を始めた。個人の蓄財をはき出させるのが狙いとみられる。

 聯合(Yonhap)ニュースが1日伝えたところによると、NISは7月31日に韓国議会で開かれた委員会への説明で、先月30日から新紙幣が北朝鮮で発行されていることを明らかにした。

 NISによれば、期間は定かでないものの、一定の猶予期限までは旧紙幣の使用や新紙幣への交換が認められるが、その後旧紙幣は法定通貨の地位を失うことになるという。

 与党・セヌリ党(Saenuri Party、New Frontier Party)の李喆雨(イ・チョルウ、Lee Cheol-Woo)議員は委員会閉会後、聯合ニュースに「これは明らかに、人々が貯め込んだ現金をはき出させることを狙った措置だ」と語った。

 北朝鮮では闇市場が発達し、ある程度の規模で、国による配給システムに取って代わる存在となっている。また他国の通貨、とりわけ中国の元が広く流通し、闇両替も発達している。

 今回の新紙幣発行に際しては、2009年に大混乱をもたらした通貨のデノミネーション(通貨呼称単位の変更)のような新たな通貨改革は行われなかったとみられる。

 北朝鮮では2009年、成長する民間市場を抑え込む政策の一環としてデノミが行われ個人貯蓄が壊滅、北朝鮮では異例の抗議行動が起きる事態となった。(c)AFP


http://www.afpbb.com/articles/-/3022095

日本では聖徳太子のお札も、旧500円硬貨も過去のものは、いまもまだ有効ですが、
北朝鮮は一味違います。失効します

失効するのは下の画像のような紙幣です。紙くずになります。
旧紙幣


もちろん猶予期間はあると思うのですが、銀行は総入れ替えをしないといけませんし、
箪笥貯金をしている人たちも新紙幣への両替をしなければいけません。

ニュースサイトでは、溜め込んだ現金を吐き出させることを狙った措置だとの話ですが、
本来、旧紙幣から新紙幣への交換だけであれば、現金を吐き出すことはできないはずです。

おそらくは、金を持っている人間を洗い出し、粛清や没収をするためでしょうが、
なかなか世知辛いものです。

新紙幣の最高額のガラは故・金正日氏が勤められるとの噂もあります。
残念ながら画像を見つけられませんでしたが、こんな感じでしょうか?

kita shihei
わーナビーの画像編集能力はミジンコ以下です。申し訳ございません。
まじめ腐った絵よりも、こちらのほうが使ってて楽しくなれそうです。


しかし、こんな荒っぽい方法で経済大丈夫かなと思いましたが、
大丈夫のようです
2009年にインフレ抑制のため100円玉を一円玉に変えるような、デノミを行ったようですが、
北朝鮮は元気にミサイルを撃っています。問題ありません。

ただこのときにもともと低かった北朝鮮の紙幣価値が恐ろしく下がったようで、
北朝鮮内で横行する闇市では中国の通貨である元が、主に使用されているようです。

ですので、今、裏金をためている人は、でお金を貯めていると思います。
これで困るのは庶民だけでしょう。地方の農民が去年、農作物を売ったことで得たお金を握り締めて、
久しぶりに都会に出てきたら、紙くずになっていた。→死。という構図がたやすく浮かんできます。

裏金を放出させるのでしたら、北朝鮮内で元を使った取引をすれば処刑というような、
激しい措置が必要になるのではないでしょうか?

しかし海外からの不平等な金融システムに巻き込まれていなければ、
その国は非常に自由に金融をいじることができます。

その点、北朝鮮は強みがあるのではないでしょうか。
見習いたくはないですけどね。


関連記事

大爆発【台湾高雄市で大規模爆発 死者25人】ガス爆発

こんにちは、わーナビーです。

以前、身近にある危険【米で次々発覚、危険物のずさんな管理】取り扱い注意にて、
老朽化した設備や、民家の近くにある危険物が、なにかの拍子でもれたり、爆発したりするかも……、
という話を書きましたが、

台湾で似たような事件が起きました。
台湾ガス爆発
道路が吹っ飛んでしまっています。

台湾高雄市で大規模爆発 死者25人
台湾南部の拠点都市、高雄市中心部で1日午前0時(日本時間同1時)ごろ、大規模な爆発が連続して起き、台湾内政部(内政省)によると、警官や消防隊員4人を含む計25人が死亡、約260人が負傷した。

 市政府当局者は1日、地下に埋設された可燃性化学物質プロピレンの配管から漏れだした気体に引火した可能性が高いと発表し、爆発原因の本格的な究明に乗り出したことを明らかにした。

 馬英九総統は、がれきの下に生き埋めになっている住民がいるとみて、行方不明者の捜索と救援活動の加速などの対策を指示した。

 現場は鉄道の高雄駅南東の市街地で、2~3平方キロの広い範囲で相次いで爆発が起きた。日本人も居住しているとみられる地域だが、日本の対台湾窓口機関、交流協会高雄事務所によると、日本人の被害は確認されていない。

 政府は、周辺一帯を避難地域に指定。域内にある全ての会社や学校を臨時に休みにして全住民に直ちに避難するよう求めた。また軍から1400人以上の兵士と約500台の車両を投入し、住民の救出などに当たった。

 発生時、猛烈な勢いの火柱が上がり、道路が広範囲で陥没した。発生の数時間前からガス漏れの通報が寄せられていた。

 プロピレンが漏出したと指摘された配管を所有する会社は、自社の配管は破損しておらず、別の配管が爆発したと反論。ただ7月31日夜に配管内の圧力が急激に下がる異常が発生し、爆発発生の約1時間半前に停止していたことを明らかにしており、当局が、爆発に関連している配管の特定作業を進めている。



まだ詳しい原因はわかっていない様子ですが、
プロピレンガスの製造元の華運倉儲という会社から、
地下に埋設されたパイプを通じて、李長栄化学という会社にプロピレンガスを送っていたのですが、
何らかの理由によって、送られていたガスが流出し、
それが地下に溜まっていって、何かの拍子に爆発、周辺のガス管なども巻き込み、
大爆発を起こした様子です。

道路が溝と化しています……。

まだおきたばかりで、これが人為ミスによるものなのか、
設備の不良によるものなのかも分からないのですが、
25人がなくなるという大惨事が起きてしまっています。

下の画像は爆発して燃えているときのものです。
ガス爆発
街が炎に飲み込まれています。

道を歩いていた人は、まさか足元が爆発するとは思っても見なかったことと思います。
身近なところに危険は潜んでいるようです。


関連記事

7月の記事まとめ

ゴーレムです。
斜め見ブログの7月記事を独断と偏見によってまとめます。

『社会を騒がせた怪人たち
今月は、たくさんの怪人が世にその姿を現しました。

ノノちゃんこと野々村議員、彼の慟哭は世界を動かしました。
【あっぱれ】野々村議員、海外から高い評価
【野々村議員を守れ!】史実を隠ぺいするWikipedia

必殺仕事人 小保方さん、彼女は理研を確殺しました。主な仕事は破壊工作だと思います。
【白魔術?】新事実!小保方氏は魔術師
【小保方氏】実験復帰に向け練習再開
ついでに早稲田大学もヤられました。
【バカ田大学】早稲田大学は学問機関ではなかった

霊術師の助手の方もいらっしゃいました。
悪霊払い「「除霊」女性傷害致死」兼 崇城大准教授、福田耕才

複雑な背景を持った昏睡強盗犯が世の中を騒がしました。
男? 女?「声優のアイコこと、神いっき昏睡強盗犯逮捕」
続報!「昏睡強盗 神いっき容疑者」 性同一障害 ikki 考察

芸術的なまんこを持つ方もいらっしゃいました。芸術に殉ずるその姿はすばらしいです。
芸術魂!「自分の局部の3Dプリンター・データ配布した女を逮捕」ま●こ!

『今月のオカルト
オカルト記事を各種取り揃えております。

集団パニックってほんとにあるんですね。驚きました。
【テケテケ?】女子高生が集団パニック【イタコ?】
【友情アシスト】サッカーボールかと思ったら頭蓋骨事件

お試しになられる方は自己責任にてお願いいたします。
【心霊の夏】正しい霊の会い方【オカルトの夏】
【愛のキューピット】心霊スポットのトンネルの魅力
【オウム真理教の今】反原発に乗っかったアレフ

こんな世の中じゃ富士山も世直ししたくなるのかもしれません。
富士山噴火へカウントダウン?

『おBAKAなニュースたち』
笑えないけど笑っちゃう、ちょっと不謹慎ですけど記事にしちゃいました。

脱法よだれ大魔神、脱法ハーブはいまや危険ハーブです。
【脱法よだれ大魔神’S】車の暴走事故

オオサンショウウオ食べてみたい?
食べる方向で考えた!]川でオオサンショウウオ出現

空からガメラがふってきました。
どぶろっく「違法カミツキガメ 落下事件」

首都第一コマンドというネーミングはいい感じです。
コロンビア代表スニガに戦線布告【首都第一コマンド】その実力

いやーこれはちょっとないですね
【マジカヨ】台湾でプリン入りカップラーメンが流行中
【多すぎ】サムスン製スマホなど4万点、工場から強奪

人の弱みをうまくついているように思います。
【ゲイには効かぬ!】アダルトビデオ送りつけ商法
絶対に許さない【脂肪燃焼サプリに根拠なし】トリプルバーナー
輸入バナナの箱からコカイン240キロ

果汁ブッシャー。これでほんとに痩せるのでしょうか?
【まだ夏に間に合うマジキチダイエット】ソルトウォーターフラッシュ

『労働問題』
このブラック社会で生き残るには、ブラックでなければいけないのでしょうか。考えさせられます。
【朗報】ブラック企業倒産数増大
【悲惨】七夕は日本ブラック昔話
【働いたら負け】生活保護より最低賃金が安い都道府県を発表
奴隷労働「死亡しても会社の責任問わず フィリピン人採用で誓約書」
ブラック【ワタミ前会長 ふざけるなと発言】ブーメラン

『社会問題』
いろんな社会問題を記事におります。

性!職者ってねえ。
【性職者】ローマ法王、聖職者からの性被害者に謝罪

みんなどこにいっているのでしょうか。
【東京の闇】年間100人以上の身元不明死体が出る東京
現代の姥捨てか?】認知症で行方不明1万人の実態
【暗黒都市東京】子ども378人の所在不明

鎖国すべき【中央アフリカの戦闘は宗教紛争か、深層に民族対立 悪政 嫉妬】陰謀論
脱法ドラッグもとい危険ドラッグへ【言葉遊び】
最終交通死亡都市【愛知県ひき逃げ 300m引き摺りか】交通事故

いつどこで爆発してもおかしくありません。
身近にある危険【米で次々発覚、危険物のずさんな管理】取り扱い注意

暗殺?【旅客船沈没事故 実質的オーナーの遺体か】変死体
不適切な発言【「穴あきコンドームを配っては】市議 

マクドナルドの緑肉、おえーってなります。
日本マクドナルドの肉はヤバイ【牛肉100%の真実】

一方そのころケンタッキーは、
【現代のベルリンの壁】ガザ地区のトンネル網

『アニマルとか』
当ブログの動物達は、根本的に可愛さが足りません。

チンパンジーはしゃべります。
猿の惑星「チンパンジーの”手話”一部解読」XDAYは近い
クローン戦争「食用クローン牛を生産するアメリカ企業」ドリーそしてトルーパーへ

恐ろしくでかいですね。
【サンダーバード】史上最大の鳥の化石【6メートル】

ゾンビウィルスという名前が気に入っています。
閲覧注意? 「マイマイガ、ゾンビウィルスに感染し、大量死」 蛾注意!

『今月の病気』
病気がニュースから消える日はまだ当分先の話の様子です。

まだまだ感染拡大していっています。
滅亡の日 「西アフリカで流行続く、エボラ出血熱」感染拡大

アーッ!
アッー!「同性愛者男性にHIVが「爆発的」流行、WHOが警告」
人食い【脳をむしばむ病原性アメーバ「ネグレリア・フォーレリ」】アメーバ

『常に混乱している街 大阪』
時はきた!?「USJカジノ参入検討」大阪の光と影
大阪都?「大阪に湾岸区? 17年に都政移行目指す」 マグロの街

『その他』
それ以外にもいろんな記事がありました。

【今年初上陸?】台風8号【日本全都道府県制覇?】
【アメリカの誤算?】ビンラディン氏の後継バグダディ指導者
埋蔵金「京都市で発見、室町時代の銅銭」ロマン
悲報!「霜降りの宝石欧州へ…神戸ビーフ輸出」世紀末
スカイネット!?「「ロボットで労働力確保」 ソフトバンクの孫氏、講演で持論」
ウランパニック「ウラン化合物が暴徒の手に墜ちる」明らかに危険
懐かし【ピアニカ、30年ぶりモデルチェンジ ヤマハ】思い出







プロフィール

oretatinanamemi

Author:oretatinanamemi
わーナビー、アズモフ、ゴーレムの負け組高等遊民がこのブログを作っています。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
1685位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
685位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。