スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人食い【脳をむしばむ病原性アメーバ「ネグレリア・フォーレリ」】アメーバ

こんにちは、わーナビーです。
本日の奇病のお時間です。

ネグレリアフォーレリ


9歳少女、脳をむしばむアメーバで死亡 米カンザス州


(CNN) 米カンザス州で、脳をむしばむ病原性アメーバ「ネグレリア・フォーレリ」に9歳の少女が感染して死亡したことが16日までに分かった。州当局は、淡水で泳ぐ際には注意するよう呼びかけている。

亡くなったハリー・ユストさんは水上スキーが得意で、この数週間は湖などでスキーや水泳を楽しんでいたという。ネグレリア・フォーレリに感染して先週死亡し、14日に葬儀が営まれた。遺族は追悼のため、カンザス州立大学に「ハリー・ユスト女子バスケットボール奨学金」を創設すると発表した。

ネグレリア・フォーレリは水温が高く流れのない淡水に発生する。専門家によると、人体へは鼻から入って脳の周りの中枢神経に到達。感染から約5日で頭痛や発熱、嘔吐(おうと)などの症状が現れ、多くの場合、死に至る。

症例は淡水で泳ぐ人が増える夏に多く報告され、米国では昨年夏にもフロリダ州で12歳の少女が感染して死亡している。アーカンソー州で感染した少女は一命を取りとめた。

過去50年の間に米国で感染が確認された約130人のうち、命が助かったのはアーカンソー州の少女を含む3人にとどまる。

ただし感染は極めてまれで、同じ水で同時に大勢が泳いでも、特定の人だけが感染する理由は分かっていない。

カンザス州当局は、淡水で泳ぐ時には鼻をはさむノーズクリップを使用し、浅い水底の堆積(たいせき)物を巻き上げたりしないよう勧告。温泉など水温が高い所には顔をつけないよう呼びかけている。

http://www.cnn.co.jp/usa/35050932.html

ネグレリア・フォーレリは、淡水に生息するアメーバの一種です。
かなり珍しい病気で、日本での報告例は一件のみ、1996年の11月に佐賀県鳥栖市の25歳女性が
発症後9日間でなくなったケースだけです。

ただこのアメーバですが、日本にも生息しています。
25-35度の淡水中が、もっとも快適なご様子で、症例も夏場の発生が多いようです。

致死率は、95%。
5%の生還例も、迅速に適切な処置をしたときだけで、
ほうっておけば、鼻から入り、粘膜を突き破り、神経を伝って脳にたどり着き、
増殖を繰り返して、脳をむさぼり、どろどろにしてしまいます。

前途有望な少女が亡くなってしまったことは、非常に遺憾なことです。

さて、こういう人間に襲い掛かる微生物は、「人食い」と称されます。
であればネグレリア・フォーレリは人食いアメーバなわけです。

妙に聞いたことのあるような名前です。わーナビーは気になって検索してみました。
ありました。アメリカの昔のB級映画です。
【マックィーンの絶対の危機 (ピンチ) 人喰いアメーバの恐怖】
下の画像の赤いやつがアメーバです。
人食いアメーバ
神父さんもびっくり。こいつは物量で攻めてくるやつのようです。

こんなやつなら火炎放射器で焼き払えば勝てそうですが、目に見えない微生物にはなかなか勝てそうにありません。
なんとか治療法を見つけて欲しいものです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

oretatinanamemi

Author:oretatinanamemi
わーナビー、アズモフ、ゴーレムの負け組高等遊民がこのブログを作っています。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
1583位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
635位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。