スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本マクドナルドの肉はヤバイ【牛肉100%の真実】

アズモフです。

売上減少が止まらない日本マクドナルドにトドメを刺すようなニュースです。
5ヶ月連続で売上が落ちている日本マクドナルドですが、虫の息のところに毒を食わすような状況ですね。
マクドのクソ肉
この美味しそうなお肉が→
チキンナゲット
このロッテンチキンナゲットになります。

日本マクドナルドは、国内で販売しているチキンナゲットのうち、中国・上海にあるメーカーから仕入れている材料に品質を保つための使用期限を超えた鶏肉が混入しているおそれがあるとして、このメーカーが加工した材料を使ったチキンナゲットの販売を中止しました。

発表によりますと、日本マクドナルドは、国内で販売しているチキンナゲットの材料のおよそ20%、4300トン余りを中国・上海にある食品加工会社から仕入れていますが、現地の報道機関がこの会社について「使用期限が過ぎた鶏肉を使っている」と報じたということです。
このため、日本マクドナルドは、品質を保つための使用期限を超えた鶏肉が混入しているおそれがあるとして、21日から上海の食品加工会社が加工した材料を使ったチキンナゲットの販売を中止しました。
この会社からの仕入れをやめたことで、全国のおよそ3100店舗のうち関東地方を中心としたおよそ500店舗で商品の供給が一時的に滞る可能性があるとしていましたが、仕入れをほかのメーカーに振り替える作業を急ぎ、22日中にはすべての店舗で通常どおり販売できるということです。日本マクドナルドによりますと、これまでのところ健康被害などの情報は入っていないということです。
日本マクドナルドは、上海の食品加工会社に対して事実関係を確認するなど調査を始めていて、「お客さまにご不便、ご心配をおかけし大変申し訳ございません」とコメントしています。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140722/k10013190841000.html

ちなみに上海の食品加工会社というのは、上海福喜食品という会社のことです。
なぜ日本のマスコミは中国企業の名前を伏せるのでしょうか?
中国様から食品を買っているので気を使っているとしたら馬鹿な話しです。
中国にはバイイングパワーを振りかざして主張するべきところは主張するべきです。

とまあ日本のマスコミ批判はこれくらいにして、
日本マクドナルドの食材トラブルは特に皆さん驚かれないのではないでしょうか?
(昔からミミズの肉を使っていると都市伝説もつくられるハンバーガーなので、みんなも得体の知らないモノを食べているという自覚はあるのでしょう。)

しかし日本マクドナルド。いい食材をつかっているというアピールを昔からしています。
それが、「牛肉100%」という表記です。

自分で食材を買ってハンバーグを作った人は、100%の矛盾を感じるのではないでしょうか?
そう。ハンバーグを作るのには、「つなぎ」が必要になるからです。
つなぎを入れないとハンバーグはバラバラになってしまいます。

日本マクドナルドHPではこのような説明をしていました。
牛肉100%
日本マクドナルドが言う肉本来の結着力でジューシーな牛肉はなぜいつまでたっても腐らないのでしょうか?

happy meal experiment mcdonald burger rot

これはマクドナルドのハンバーガーとポテトを放置した実験の連続写真ですが、途中から干からびているだけでいっこうに腐る気配がありません。砂漠で実験しているのでしょうか?

日本マクドナルドが言う「牛肉100%」にはカラクリがあります。
それは、牛肉の中でも眼球や皮、内蔵といった部位をドロドロのタンパク加水分解物にして、つなぎに使うという方法です。

確かにこの方法なら元は牛の一部ですから牛肉100%と言えます。

まあこのタンパク加水分解物というのは多くの食品で使われていますので、そこまで神経質になる必要なないのかもしれませんが、マクドナルドは国際的な流通システムで常に世界一安い牛肉を買っているので、屑肉を使っているというのは確かでしょう。

「牛肉100%」この表記に魅力を感じてはいけません。
皆さんは自分の味覚を信じてマクドナルドのハンバーガーを食べてみてください。
本当に美味しいのか?時間とお金を払って食す価値があるかどうか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

oretatinanamemi

Author:oretatinanamemi
わーナビー、アズモフ、ゴーレムの負け組高等遊民がこのブログを作っています。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
2515位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
954位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。