スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【現代の姥捨てか?】認知症で行方不明1万人の実態

アズモフです。

深刻な高齢化が進んでいる日本ですが、それにともない高齢による認知症で行方不明になる事件が増えています。

明らかになった認知症の行方不明者1万人
9607人。認知症やその疑いがあり、徘徊(はいかい)などで行方不明になったとして、おととし1年間に警察に届けられた人の数です。NHKがその実態を取材したところ、死亡したり、行方不明のままだったりする人が合わせて550人を超えることが分かりました。
NHKは、ことし2月、おととし1年間に認知症やその疑いがある人が徘徊などで行方不明になったケースについて、全国の警察本部を対象にアンケート調査を行いました。その結果、行方不明になったとして警察に届けられた人は、全国で延べ9607人に上ることが分かりました。このうち、死亡が確認された人は351人。その年の末の時点でも行方不明のままの人も208人いたことが分かりました。


参考URL http://www3.nhk.or.jp/news/ninchisho/2014_0416.html

この記事の本当に恐ろしいのは、行方不明のままの人が208人もいるということです。
認知症で捜索願いが出されるくらいですから、家族から身を隠すために高度な行動は取れないはずなのに死体すら発見されないとなると、事件を疑ってしまうのは私だけでしょうか?

昔から日本には姥捨てという物悲しくも自然に根ざした風習が残っていますが一部ではその風習が残っていて、地元の人しかしらない姥捨てスポットがあるのでしょうか?

ちなみに都道府県別の行方不明者数はこうなっております。



死亡者数が大阪ナンバーワンというのは納得の数字でしょう。
大阪の街は徘徊老人とホームレスの違いが見分けられないカオスな状況なので、旅に出た老人たちは保護されることなく死んでしまうからなのでしょう。

驚きなのが行方不明者数が愛媛が一番であることです。
そこにはやはり裏がありました。

愛媛には有名は姥捨てスポット「死入道峠」という場所があったのです。

現在は笹ヶ峠という爽やかな名前に変わっていますが、オカルトハンターの目はごまかせんません。

人口比で考えても異常な愛媛ナンバーワンは怪しすぎます。
愛媛で行方不明になった老人はこの峠に眠っているのかもしれません。

この国は、おぼちゃんの研究室に監視カメラを設置する前に、この死入道峠に監視カメラを設置した方がいいでしょう。

いわくつきな場所なので、老人を連れた家族のハイキングの他にも面白いものが映るかもしれませんし。


【働いたら負け】生活保護より最低賃金が安い都道府県を発表

アズモフです。

またまた労働意欲を削ぐニュースが入ってきました。
高等遊民もどきの私としても、革命を起こしたくなるようなニュースです。

厚生労働省は15日、最低賃金で働いた場合の手取り収入よりも、生活保護費の方が高い「逆転現象」が、北海道、広島、宮城、東京、兵庫の5都道県で起きていると発表した。

 同省調査によると、差額は北海道11円、広島4円、宮城、東京、兵庫各1円。うち北海道以外は、昨年度の最低賃金引き上げでいったん逆転が解消された。しかしその後、働く人は社会保険料が上がって手取りが減ったのに対し、生活保護受給者が受け取る保護費は増えたため、再び逆転した。

 同省の諮問機関「中央最低賃金審議会」は今月下旬、今回の調査結果をもとに、最低賃金引き上げの目安額を決める。各都道府県の最低賃金審議会は、目安額に、地域の実情を踏まえて引き上げ額を決め、今秋から適用される。



北海道、広島、宮城、東京、兵庫の労働者の皆様おめでとうございます。
生活保護をもらった方が今よりいい暮らしができる可能性があります。
というか自分の時間が生まれて高等遊民的な生活が送れる分間違いなく暮らしは良くなります。

日本は憲法でも国民に対して「勤労に義務」を課していますが、
現代日本はまさに、

はたらけど
はたらけど猶わが生活楽にならざり
ぢっと手を見る
by啄木

状態ですね。

世界的にも最低賃金労働は問題になっていて、
ニューヨークを発端として世界中でファーストフードデモと呼ばれる賃上げ要求のデモも行われています。

アメリア、マクドナルド本社前で行われたデモ。時給15ドルにしろや!って言ってます。

働いたら負け度ナンバーワンの北海道の皆様はぜひともデモなりストなり起こして最低賃金の底上げをしてほしいものです。

【暗黒都市東京】子ども378人の所在不明

アズモフです。

以前、東京では年間身元不明死体が100体以上出ているという記事を書きましたが、
暗黒都市東京でまた新たなショッキングなニュースが入ってきました。

東京都で子ども378人の所在把握できず 厚労省
 東京都に住民票がある18歳未満の子どものうち、378人について、地元の自治体が所在を把握できていないことが分かりました。

 これは、厚生労働省が進めている全国調査に基づいて、東京都が8日時点の状況をまとめたものです。それによりますと、最も多かったのが江東区の64人、次いで墨田区の44人、葛飾区の24人、中央区、台東区、中野区のそれぞれ22人などとなっています。これには区や市町村が行う乳幼児健診や予防接種、児童手当支給などの機会に連絡が取れないケースや、小中学校に通学しておらず、行方が分からないケースなどが当てはまり、東京都によりますと、大半は5歳以下の乳幼児だということです。ただ、なかには外国籍の子どもが住民票をそのままにして引っ越したり出国した可能性もあるため、東京都は、地元自治体を通じて確認作業を急ぐとともに、事件との関係が疑われる場合は直ちに対応を取ることにしています。


参考URL http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000030663.html

柳楽優弥氏が出演し、問題作として注目を浴びた映画『誰も知らない』を地でいっているニュースですね。

超管理社会である日本でまだこういうことが起こりえるというのは東京の闇は深いとしかいいようがありません。

『誰も知らない』のワンシーン。学校に通えずに一日中テレビを見ているだけの子どもはいるのだろう。

しかし今回発覚したのは出生届けが出されており、住民票が確認されている子どもなのでまだ調査が可能なのでしょう。
本当に恐ろしいのは住民票も登録されていない、出生してから親以外から存在が確認されていない子どもです。
映画『誰も知らない』よりさらに誰も知らない状態のこの日本にはまだいることが確認されています。
(ちなみに自治体はそのような子どもを発見したらすぐに住民票を発行するとのこと。)

中国では「一人っ子政策」において2人以上の子どもを作ると昇進が止まったり、各種手当てが中止されたりと明らかな不利を被るので、「黒孩子」と呼ばれる戸籍に登録されない人間が中国人口の1%近くの1300万人近くいると言われているが、東京もおとなり中国を笑ってられない。


奴隷労働「死亡しても会社の責任問わず フィリピン人採用で誓約書」

どーもです、わーナビーです。
またまた濃ゆいニュースが入ってきましたね。

死亡しても会社の責任問わず フィリピン人採用で誓約書
関西地域の介護会社「寿寿」(大阪府東大阪市)が、フィリピン人女性を介護職員として採用する際に、本人が死亡しても会社の責任は問わず、「永久に権利放棄する」との誓約書を提出させていたことが12日、共同通信の取材で分かった。

 フィリピン人の女性職員からは「労働条件が厳しい」との苦情が出ており、宿直勤務を月間13回させた書類も残っている。職員が死亡した場合に会社を免責する誓約書に署名させていた理由や、休日取得などの実態について、厚生労働省が調査に乗り出した。


http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014071201001954.html
そして下の画像は、記事元の共同通信社が入手した誓約書です。
40a8c_648_da443d6d.jpg
見事にしっかり書いてあります。見ていて清清しいほどにブラックです。

さてこれは何を目的として作られた誓約書なのでしょうか。

1. 介護職員として日本に連れてきても、脱走して行方不明になる人間が多く、
  それがどこかで野たれ死んだときの身元引受人になりたくないか (性善説)

2. 元からアメリカ黒人奴隷のように、使い殺すために、
  日本に連れてきたため、殺したときの責任から逃れるため(性悪説)

9割方、2番でなかろうかと思いますが、まあそれはいいでしょう。

わーナビーとして一番不思議なのは、どうしてこんな誓約書が有効だと思ってしまったかということです。
本人は日本語が得意ではありませんので、誓約書が読めません。
そのため本人を騙すには使えません。
その上、日本の法律で見れば、この誓約書は無意味で、逆に人権侵害など罪に取られかねないと思います。
正直、害しかありません。もしやそれを含めてのドM行為なのでしょうか……?

こんな誓約書を書かせては、まるで獰猛なカミツキガメの前で、おち●ち●を出していて振っているような、
非常に危険な状態です。
うっかり書かせちゃうので、ニュースで騒がれ、こんな高等遊民もどきのネタにされてしまうのです。
もう少し落ち着いていただきたいものですね。

今回は外国人労働者の奴隷労働問題でしたが、こういう事件は最近非常に多くございます。

外国人技能実習、230団体で不正…昨年
外国人技能実習制度で来日した外国人に対し、賃金の不払いや人権侵害などの不正を行った受け入れ団体・機関が、昨年は計230団体に上り、2010年に現行制度が始まって以降、3年連続で増加していることが法務省の調べで分かった。
(略)
不正行為の件数も大幅に増え、昨年は前年比126件増の366件となった。内訳は、「賃金等の不払い」が99件で最も多く、受け入れ当初に必要な講習を実施しないといった「研修・技能実習計画との齟齬そご」が87件、「講習期間中の業務への従事」が79件の順となった。

 具体的なケースでは、ある農業関係の受け入れ機関が、技能実習生が起こしたトラブルを理由にパスポートと在留カードを取り上げ、返却しなかった。水産加工の工場では、水産加工業務が減少していたことから、受け入れ計画と異なる食肉処理の作業に実習生を従事させていた。


http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140712-OYT1T50109.html?from=ytop_ylist

古から奴隷というのは好まれてきました。
働きたくない!という欲求と、圧倒的優越感を同時に満足させるものとして、愛されてきたのだと思います。
冷静に考えて、あるに越したことはないと思います。

ただ残念ながら、外国人労働者や移民は、奴隷ではありませんので、
彼らは基本的人権を持っていますし、日本の法によって守られております。

最近、移民を日本に入れて、労働者数を確保したいという話が上がっておりますが、
まあ単純には奴隷を海外から輸入するという話かと思います。

わーナビーもそういったもので維持されている社会インフラで生活している以上、
あんまり非難することも難しいのですが、
奴隷と違い、虐げすぎて暴れたときに、皆殺しにするわけにはいけませんので、
こうした奴隷労働を強制するような会社の経営者の方々には、注意していただきたいものです。

また奴隷はずっと奴隷ではありません。いまやアメリカでは黒人やヒスパニックが白人を圧倒しつつあります。

こんな馬鹿なことをやっていると、すぐひっくり返されちゃうんじゃないだろかと、わなわなする。
そんなお話でした。

アッー!「同性愛者男性にHIVが「爆発的」流行、WHOが警告」

おそろしや、おそろしや、わーナビーです。

こんなニュースを見かけました。

同性愛者男性にHIVが「爆発的」流行、WHOが警告
7月11日 AFP】国連(UN)の世界保健機関(WHO)は11日、世界の多くの地域の同性愛者男性の間で、後天性免疫不全症候群(AIDS、エイズ)の原因となるヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が増加していると警告し、感染を予防するために、同性同士で性交渉を持つすべての男性に抗レトロウイルス薬の使用を勧告した。

 WHO本部があるスイス・ジュネーブ(Geneva)で会見したWHO・HIV対策局のゴットフリート・ヒルンシャル(Gottfried Hirnschall)局長は「爆発的な流行だ」と懸念している。同局長によれば、33年前にエイズの症例が初めて確認された際、HIVハイリスク群の一つとされた同性愛者男性の間で現在再び感染率が高まっているという。


http://www.afpbb.com/articles/-/3020339?ctm_campaign=nowon

皆様すでにご存知かと思いますが、ここでHIVとAIDS(エイズ)について簡単にまとめてみます。

HIVというのはウイルスの名前です。
カメルーンに生息していたチンパンジーが起源とされておりますが、確証はありません。
HIVウイルスに罹患して、それが体中に湧き、それによって引き起こされる病気に罹った段階がAIDS(エイズ)です。

HIVウイルスに感染すると、それは身体の中で増殖していきます。人体には免疫細胞であるT細胞というのが
あるのですが、HIVウイルスはそれに取り付き、破壊してしまいます。
5~10年にかけて、T細胞は数を減らしていき、通常なら罹らないような病気に罹ってしまう。
それがHIVです。
症状の進行を抑える薬はありますが、根治はいまだ困難な病気の一つです。

エイズの歴史は浅く、1981年にアメリカ ロサンゼルスのゲイから発見されました。
abe.jpg

それが瞬く間に世界中に蔓延し、HIVの感染者は5000万人にも達するといわれております。

はじめはゲイだけが罹る病気として、周囲も余裕をぶっこいていましたが、
バイを経由してうつるという事に気がついておらず、気がついたら世界中に広まっておりました。

少し前までは、罹ったら10年後には惨たらしい姿になって死ぬという単純明快な病でしたが、
最近では抗ウイルス薬もできて、一生続ける必要がありますが、死にはしないという病気になってまいりました。
ただ飲むのをやめると、エイズが進行しますので、薬会社に年貢を納め続けることになります。

ただこの病気、世界に比べると日本は総数において少ないのですが、
先進国のなかでは数少ない、患者数を増やしている国なのです。
下のグラフを見てください。国立感染症研究所の資料です。
エイズの数
このグラフの一番下、一つだけ右肩上がりの線があるのと思います。
これが日本です。さすがはHENTAIの国、日本、根性があります。

HIVウイルスですが、この前ご紹介したエボラ出血熱と違い、感染力は非常に弱いです。
感染した体液や傷口に入るか、粘膜部分に接触するかしなければいけません。
あべさ
こういうのは完全にOUTです。

こういった理由で、ゲイに非常に多い病気ではありますが、ゲイではない人でも、
普通に性交や、注射針の使いまわし、非加熱製剤などでうつりますので、他人事ではありません。

どーしても、性的なHIV感染者が接触がしたい場合は、抗ウイルス薬を飲んで、
身体のウイルス濃度を下げて事に及ぶというのが、昨今のやり方なようです。
ただそれも万全ではないようです。
わーナビーとしては、同性愛男性のHIVが爆発的に流行している背景には、
抗ウイルス薬の飲んだから大丈夫っすわっ!的な人が、大量にうつしまわっているから
ではないかと考えてしまうのです。

日本にHIV感染者は東京が飛びぬけて多いです。
東京は乱れておられますようですな。

おそろしや、おそろしや。
自分の身を守るのは自分ですというお話でした。
プロフィール

oretatinanamemi

Author:oretatinanamemi
わーナビー、アズモフ、ゴーレムの負け組高等遊民がこのブログを作っています。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
1980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
780位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。